• トップ
  • MKS社会保険加入促進ガイドライン・標準見積書 のご案内

MKS社会保険加入促進ガイドライン・標準見積書

  国土交通省は、平成24年から建設業界における社会保険未加入対策に取り組んでおり、社会保険未加入
 対策推進協議会を設置し、建設業関連団体全体で適切な法定福利費の確保と社会保険未加入者の建設現場
 からの排除を行ってきています。
  
当協会はこの社会保険未加入対策推進協議会に参加すると共に、協会内に社会保険未加入対策特別委員
 会を設け、協会委員社における社会保険加入状況実態調査や本ガイドラインの取り纏めに取り組んできま
 した。特にこのマンション計画修繕工事業界は、他の専門工事業団体が新築主体なのに対して、既存建物
 の改修という特性から独自の労務比率の考え方や発注者である管理組合に対しての理解を得る指標を分か
 りやすく整理しなければならず、取り纏めには約2年を費やしました。
  
本ガイドラインを活用し、会員社の見積もり及び下請業者との契約見積もりにも適切な法定福利費が計
 上され、かつ発注者にもこの趣旨を理解して頂き、マンション計画修繕工事における末端技能者までが社
 会保険加入率100%となるよう皆様方のご理解とご協力を切に願います。



201512171630_1-300x0.gif201512171630_2-300x0.gif

 MKS社会保険加入促進ガイドライン令和2年度4月改訂版(4.5MB)


 標準見積書建築編令和2年度4月改訂版
 設備編は標準見積書式は掲載しておりません。ガイドラインの設備改修工事の工種別労務費率の表
 (P40、41)の中項目、小項目単位で労務費率を算出して下さい。

201512171630_3-300x0.gif201512171630_4-300x0.gif

 国土交通省掲載リンク先
 各団体の標準見積書式 
 MKSは連絡先の下から3番目に掲示(現在平成31年4月版)


201512171630_5-300x0.gif201512171630_6-300x0.gif