MKSとは


信頼される改修技術・品質確立

マンションの計画修繕工事には建築、各種設備などの専門業種が絡むため、これまで体系化された施工品質や保証といった面での標準化が遅れていました。
この為、管理組合など発注者様側からは安心と信頼の得られる工事が求められています。
その一方で現在の建設業法に改修工事業という業種区分の位置付けがなく、居住者の方々が生活する中での新築とは違う工事体制や施工管理技術などの良質な改修体制づくりが不可避となっています。
これを受け、建築・設備の専門工事業の横断的改修専門工事業団体「一般社団法人 マンション計画修繕施工協会」を設立いたしました。

 

保証と安心を提供

長年の課題とされている工事完成保証・瑕疵保証システム確立に積極的に取り組みます。
また会員の安定した経営基盤はもとより、施工業者として居住者を含めた管理組合の様態を研修等を通じて、
より認識させる事も望まれます。
管理組合が安心して工事を発注できる体制づくりに努めます。


会員社向けの研修会の様子


マンション改修施工管理技術者試験 試験会場の様子